四国霊場(八坂寺・浄瑠璃寺)

46番札所 浄瑠璃寺

行基菩薩は奈良大仏殿建立の勧進のため全国を廻り
ましたが、その時、この地を修業地として伽藍を建て、
薬師如来を刻んで奉納しました。
薬師如来は詳しくは「薬師瑠璃光如来」というところか
ら、お寺の名前を浄瑠璃寺と呼ぶようになったもので、伊予の国の医王山です。
徳川時代、山火事のためお堂は焼けましたが、のち、
この地の庄屋の出身である尭音というお坊さんが本堂
を再建しました。

石段の数は22

入口向かって左側に正岡子規の句碑がある。
「永き日や
  衛門三郎
     浄瑠璃寺」
とあるがなかなか判読しにくい。

階段をのぼりつめるとすぐ右側に鐘楼がある。
「鎮魂碑」。
地元の相原熊太郎さんが太平洋戦争で亡くなられた方の家を訪れ、その様子をやさしい短い
言葉と共に名前や戦地のことを皿に描いて、砥部焼にしたもの。300枚あり、この塔は地元で内科医をされていた三好かつみ先生の寄贈。
遠く関東の方の名前も見える。
このさらには、「茨城 東ヶ崎俊雄様
徴兵キカン(兵)俊雄さん再役二度して又志願
硫黄島に入って最後まで軍隊生活十一年
廿三十六三十一」とある。
いぶきびゃくしん、という香木。
本堂に向かって歩くと樹齢千年と書いてある
市の天然記念物に指定されている。
「説法石」と言われているもので、釈迦が
弟子に説法をしたときに使った石の一部が、
この大きな石に埋め込まれている、という。
「仏足石」よいわれ、お釈迦様の足跡が刻み
こまれているという。
長さが40c以上あるから、顔を傾げる方が
多い。
この足跡を踏むと交通事故にかからないそうである。
「仏手石」で、お釈迦様の手形を刻み込んだ石
と言われる。この手に触ると御利益があるという。
本堂
大師堂




47番札所 八坂寺

お寺は役の行者・小角の開基で大宝元年 (701)小千伊予守正興
が 文武天皇の勅願によって創建した と伝えられています。
お寺を建てるに当って8カ所の道 を切り開いて道路を造った
ので、八坂寺と名付けられました。
本尊の阿弥陀如来は比叡山の僧 侶、恵信僧都が刻まれた
といわれます。  
弘仁6年(815)弘法大師がこの 地に止まり、堂宇を整えて第47番 の霊場に定められました。
北側から眺めた山門。


その後は修験道の根本道場として大いに栄え、紀州熊野権現
および十二社権現を祀ったので熊野山と名づけられ、末寺も
48力寺を 数え、寺領に荏原郷を有する程隆盛をきわめました。

しかし、天正 の兵火やたび重なる火災によって規模は次第に
縮小され、現在では 境内に本堂、大師堂、十二社権現堂、
鐘楼、本坊のみとなり、末寺 も番外札所の文珠院・徳成寺を
残すだけになってしまいました。
現在の本堂、大師堂は明治年間 (1869‐1912)に再建された
もの。
本尊及び脇立の毘沙門天は同じ鎌倉時代の作で、国の重要
文化財 に指定されている。
山門の天井には極楽と思える図が描いてある。
鎌倉時代の作とされる宝篋印塔が山門をくぐり抜け
るとすぐ左手にある。
この印塔は馬耳形突起(ばじけいとっき)から鎌倉
時代のものと特定される。
市の指定文化財になっている。
22段の石段をのぼりつめると、すぐ左側に鐘楼がある。
本堂
大師堂
権現堂
閻魔堂
お墓参りの心得書き

一、まず本堂のご本尊さまにお参りしましょう
二、正月・春彼岸・盆・秋彼岸にお参りしましょう
三、祥月命日にはお参りしましょう
四、誕生日にもお参りしましょう
五、祝いごとがあればお参りしましょう
六、夢をみたらお参りしましょう
七、迷いがおきればお参りしましょう
八、歎きがあればお参りしましょう
九、感謝と報恩のためにお参りしましょう
十、近くに来たらお参りしましょう

「愛媛の句碑歌碑」という本に出ていた江戸
時代の八坂寺。
山に本堂、鎮守、鐘楼があり、川の下右手に
は住職の家である「本坊」が見える。
道をはさんで左側は家田と記してある。
いつ頃のものか不明。




inserted by FC2 system